エスプリ クレール ~透明な心~

彩星さなえの星ブログ

セッション時の座る位置

f:id:heartnavigator:20190222194523j:plain

 

 セッションをするとき、わたしとお客さまが座る位置を、大切にしています。

 

 カウンセラーだけでなく、友達や仕事でも座る位置関係によって、心理的影響力が変わってくるといわれていますね。

 

 人と人の座り方は、以下の3通りがあるとされています。

 

 ・対面法(正面に座る)

 ・90度法(90度もしくは、120度の角度で座る。写真の位置です)

 ・平衡法(隣に並んで座る)

 

 両者座ったときに、適度に目線も合わせやすく、適度に外しやすいということで、90度法がカウンセリング時や面談には好ましいと言われています。カウンセラーの授業のときも、リラックスできる座り方ということで、90度法を教わりました。

 

 それ以来、出来るだけ90度法でセッションをしています。これは、カラーセラピーのときからです。

 

 カフェやホテルのラウンジなど、椅子を動かせないときは、仕方ないのですが、動かせるときは、90度法でセットしています。

 

 実際、やっぱり全然違うのですよね。わたし自身も、落ち着いてセッションが出来ます。それに、お客さまの姿が全体が見れるので(姿勢や手の置き方など)チェックできます。

 

 ただでさえ、初対面で来て下さるお客さまは、緊張されていると思うので、せめて座る位置から、少しずつリラックスして、心地よい時間を過ごして欲しいですね。

 

 動かせるときは、リラックスできる90度法でセットして、お待ちしております。

肩の力を抜いて、お話してくださいね。

 

 明日も、心地よい日に。それでは、また。