自分の星の光を見つける

彩星さなえの星とメッセージブログ

ふと寂しさを感じたら

f:id:heartnavigator:20170901204747j:plain

 

 

 今日は、地元の花火大会でした。

 夕方になると風が、冷たく感じて、汗を拭きながら見ていた夏の花火とは、また違って。それでも、夜空に咲く大輪の花たちは、いつも華やかで、きれいで。

 

 花火が終わると、残念な気持ちになってしまうのは、夏も秋も同じですね。

 

 でも、秋の花火大会だったからなのか、分からないけど、何となく孤独のような寂しさをちょっぴり感じたりして。

 

 いつも一人で見ている風景も、誰かと一緒に見たいなと思うときもある。

 

 でも、一人で見なくてはいけない境遇だったら、自分でその寂しいという隙間を自分で埋めなければいけない。

 

 そのためにまず、寂しいと思っている自分を否定せずに、受け入れること。寂しくなんかない、と強がっても、余計に心の穴が大きくなっていくだけだから。

 

 そして、自分とゆっくりと向き合う。

 

 自分の考えていることを、何かに綴ってみたり、ときに自分に質問してみたり、本を読んだり。そうしていくうちに、寂しいと思っていた感情が、少しずつだけど埋まっていく。

 

 やっぱり、自分のことは、自分で面倒をみなくてはいけない。自分とは離れられないから。

 

 誰だって、寂しさを感じることはあると思う。だから、寂しいなと感じたら、自分で自分のことを、ゆっくりと抱きしめてあげよう。大丈夫。特定の人に愛されていなくても、誰かになにかに愛されているから。

 

 明日も、優しい自分でいよう。それでは、また。

 

 

   彩星さなえ*星と言葉サイト