頑張り屋さんの未来に、星の光を

彩星さなえの星読みとこころのメッセージブログ

辛いけど、もがく時期も必要。

f:id:heartnavigator:20170803191554j:plain

 

 夏休みも終わり、少し経ちましたが、お元気でお過ごしですか。わたしは元気です。久しぶりのブログだからでしょうか。何をどう書いていいのかと同時に、何だか書くのがちょっぴり恥ずかしいような不思議な感じ。今日から更新していきますので、どうぞ宜しくお願いします。

 

 さて、前回の記事同様、またまた最近のわたしについて。(もういいって(笑))前回の記事のように、ここのところのわたしは、なんだか落ち着かず、もがいたり、考えたり、ゆらゆら揺れて定まらない、動きたくても動けない、空回りしている状況でした。

 

 でも、ようやくもがいている感じ、焦りなども落ち着いてきたのです。握りしめなければいけないものを、しっかりと握り占めた感覚。だから、来週の新月皆既日食は、わたしの中では、リスタートって感じがしています。それも、覚悟を決めてのです。(新月皆既日食については、後日書きます。)

 

 新月皆既日食を控えて、このような気持ちになれたのは、本当不思議。星の流れに沿っているって感じがする。

 

 30代後半から40代半ばくらいは、このままでいいのか、違う道を歩んだらいいのか、これからの人生をどう生きるか問われる大切な時期。と同時に、どう生きていいのか分からなくて、もがき苦しむ時期のようにも思う。自分の人生を、真面目に考えている人ほど、壁にぶつかるのかもしれない。

 

 でも、壁にぶつかって、もがく時期も必要だよね。いつも前に進めばいいってもんでもない。立ち止まったり、きょろきょろしたり、振り返ったりして、分かること、気づくこともある。だから、もがくだけもがいてみる。

 

 ただし、もがき続けていると、苦しく辛くなるから、信頼できる人に自分の想いを伝えてみよう。答えは見つからないかもしれないけど、誰かに話すだけで全然違うから。

 

 星の言葉に耳を傾けたっていい。もがいている真っ最中は、星の言葉も忘れてしまうけど、少し落ち着いてふと思い出した時に、答えのヒントになることもある。

 

 コンセプトでもある、「頑張り屋さんの未来に、星の光を」のように、これからも今まで以上に技術を磨き、沢山の星の光で明るくしたいと思います。

 

 なんだかまとまらない文章になってしまったけど、これからも、どうぞ宜しくお願いします。明日、新月皆既日食の記事をアップしますね。

 

 

 

  

 彩星さなえ*心理占星サイト

 

  ★進むべき道が分からなくなったら、あなたの星に聞いてみましょう。

    

  彩星さなえの星読み対面セッション

 

 ★星のメッセージを受け取って、心を軽やかにしませんか。

     【メールでお届け】星のミニメッセージ