読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

頑張り屋さんの未来に、星の光を

彩星さなえの星読みとこころのブログ

占星術の中年の危機

f:id:heartnavigator:20150504204524j:plain

 

  何とも重苦しいタイトルですが(笑)

占星術の厄年」「中年の危機」のおおまかな流れについて以前書きました。

 ◆参考記事:占星術の厄年

 

 自分のテーマの為に思い切り動いて、自分の資質を最大限に発揮させる火星期。

 そしてそれを、ゆっくりと広げていく木星期。

 

 火星は個人の最後の力を表すので、ここで思い切りやっていないと、焦ったりしがみついたりして、木星で大らかになれないのです。

 この火星期から木星期の移行で起こるモヤモヤ、難しさが「占星術の厄年」「中年の危機」と呼ばれているものです。大体37歳前後から42歳の間に起こります。

 

 そして、移行するにあたって、外惑星が次々に出生図の天体に刺激を与えてくるのです。最初は冥王星から始まり、海王星天王星の順でアスペクトを形成していきます。

 そんな私も中年の危機の最中。冥王星のアタックは既に終え(占星術を習ったばっかりで、中年の危機を知りませんでしたが、振り返るとまさにでした)海王星のアタックの最中。もう少しで抜けますが、まぁ、すごいですね(笑)

 

 海王星のアタックは、周りから離れ内省し、真実を自分に教えてくれます。とことん自分を内省するので、孤独になります。

 

 深い深い海の底にいる感覚。聴こえるのは自分の呼吸だけ。

 一人だけ違う世界にいる。

 

 水の中に潜ると外の音が聞こえなくなりますね。そんな感じです。でも孤独を乗り越え十分内省をした後には、本来あるべき自分の姿が見えてくるはず。私もまだ終わっていませんが、そんな感じを受けています。

 

 中年の危機だから孤独を感じているのだと分かれば、同じ孤独でも全然違います。

 感じ方は人それぞれですが、大体40歳前後で、先の見えない孤独を感じていたら、中年の危機かもしれません。

 リラックスした木星期を迎える為にも、ゆっくりとサポートさせて頂きます。一緒に乗り越えましょうね。

 

 

 

 HP:心理占星術*ほしごころ

 お問い合わせは、お申し込みはこちら→☆☆